埼玉県川口市・さいたま市大宮の縁結びプロデュースはツープラス結婚相談所

2016
8/18

お盆の悲劇?

埼玉県川口市・さいたま市大宮の婚活ツープラスの臼杵沙織です。

 

お盆中はどんな過ごし方をしましたか(^^)?

我が家は一泊ですが、実家に帰省しました。

 

SCN1051

 

お盆中に同窓会があったのですが、日にちが合わず参加出来ませんでした。

でも、同窓会の次の日、友人が連絡をくれました。

 

友人 「同窓会、思ったより少なくてずごい残念。だって8人だよ!?」

私 「えー(*_*;!! それは寂しかったね~行けなくてごめんね~」なんて他愛もない話をしていました。

 

すると友人は

「お盆中は新幹線が混むから早めに休み取って実家に帰ったんだよね。そしたらお姉ちゃんの家族も帰ってきてさ。それは楽しいからいいんだけど、結婚はまだかとかすっごいうるさくてキレた(笑)」

 

彼女は都内で某ブランドのお客様対応係(クレーム処理係)をしているキャリアウーマンです。

ときには彼氏もいながら独身生活を楽しんでいる様子でしたので、結婚には触れずにいました。

 

・・・今までは。

でも今回は違いました。

話した後、泣き始めたんです。

彼女が泣くこと自体、私の中ではまず見たことないことでしたので、正直ビックリ&ショックでした。

 

私は彼女に直に結婚相談所をしている事は言ってなかったのですが、同窓会で回りまわって彼女の耳に届いたそうです。

そして、「本当は分かってるんだけど、人から言われてやりたくないの、なんでも。だから私は人一倍仕事するし、文句も言われないようにやってんのね。それをかっこいいって言ってくれるとやる気になるし、すごい嬉しいんだけど、年々いろんなプレッシャーに押しつぶされそうになる。本当は子供だって欲しいし、結婚したいのは自分が一番わかってる。周りにとやかく言われたくない。どうしたらいいんだろ」と。

 

仕事も忙しく、合コンに行ってもサバサバすぎる男勝りが受けないのか・・・

あえて、わざとそのポジションで生きてきたのか・・・

どんなに強そうに見えても女心、乙女心は持っているんですよね、やっぱり。

 

彼女の知られざる一面を見て、張りつめていた糸が切れた瞬間をみました。

「もっと素直に生きていいんだよ」

そう声を掛けたお盆でした。

 

 

 

当相談所でも会員さんから「お盆中、家族に言われました~」との声を聞きました。

家族は心配しているから言うのであって悪意はないと思います。

 

でも、やはり独身者にとっては「ほっとけっ!」な具合であって、

その心配への感謝は出てこないのが本当のところだと思います。

 

婚活にも個々に適齢期があります。

周りから言われてしぶしぶ・・・が良い方向に行く時も、悪い方に行く時もあります。

ご自身で「やってみたい」と思わない限り、婚活で起こる様々なことを人のせいにしてしまいます。

 

結婚すれば人生万々歳!というものではありません。

あなたの幸せでいられるスタイルを見極めてくださいね。

その中の一つに「結婚したい」願望が入っているなら、ぜひ叶えて欲しいと思います。

お問い合わせはこちら